GoogleMapsAPIsでサイトがもっと便利に

subpage01

GoogleMapsAPIsを使えば、自分のサイト内にWEB地図サービスのGoogleMapを取り込んでとても便利なサイトを作ることが可能になります。


この地図サービスは言わずと知れた世界一の地図サイトで、誰もが一度は利用したことがあるはずです。

Google Maps APIs情報が満載です。

圧倒的な情報量ですし、ストリートビューなどの斬新なサービスも次々と盛り込まれていき、他の地図サイトに大きく差をつけていると言っても過言ではありません。

この最強の地図サイトのデータを活用することができるのがGoogleMapsAPIsなわけです。



例えばGoogleMapsAPIsの具体的な活用方法としては、企業の店舗情報をユーザーに分かりやすく提供したい場合などに利用することが挙げられます。店舗情報を表にして文字だけで表示するのも悪くないですが、やはり文字情報だけでは場所が一目で分かるというわけにはいきません。

ユーザーは店舗の具体的場所を知りたい場合、文字で書かれた住所をもとに店舗の場所を地図サイトなどで検索しなければいけなくなり面倒です。

しかしMapsAPIsを活用すれば、地図上に店舗をマーキングして表示させることが可能ですから、ユーザーは一発で店舗の位置を視覚的に把握することができるようになります。
GoogleMapsAPIsは、他にも使い方次第で色々なアプリケーションの作成に役立てることができ可能性は無限大です。


ちなみに同サービスは無料で利用可能ですが、ある程度のアクセスがある場合は有償になるので注意が必要です。