Google Maps APIsのチュートリアルを利用

subpage01

グーグルマップを使うユーザー数は膨大な量と言われていますが、これはグーグルマップには地図を利用する人にとって便利な機能がたくさん盛り込まれているからです。単に地図を表示するだけではなく、目的地に向かうルートをストリートビューで見る事が出来る、これにより初めて出掛ける場所でも周辺の様子を見ながら探索が出来るメリットがあります。
また、グーグルマップにはルート表示をする機能がありますが、最短ルートで表示が行われるので目的地までのルートを把握出来るメリットもあるわけです。便利機能を持つグーグルマップをサイトに挿入しているウェブページが多くなっていますが、機能を使うためにはGoogleMapsAPIsが必要不可欠です。
GoogleMapsAPIsはグーグルマップの機能をフルに活用するためのアプリケーションプログラムインターフェース群、個々のAPIの特徴を把握する事で、マップをどのように使うのかを決める事も可能です。

Google Maps APIsを知りたいならご活用ください。

GoogleMapsAPIsはHTMLの中にJavaScriptのソースコードを記述する事で機能を継承する形でウェブページに掲載出来るインターフェースですが、JavaScriptを得意としない人でも簡単に記述が出来るチュートリアルが公式サイト内にあるので安心です。



ちなみに、GoogleMapsAPIsの一つにMapsJavaScriptAPIがあるのですが、このAPIは独自のコンテンツや画像を用いてマップをカスタマイズ出来るものです。



アイコンもしくはマーカーが配置されたマップを作りたい、データを可視化してユーザーに使って貰いたいなど、チュートリアルの中でソースコードのサンプルが用意してあるので利用がお勧めです。