GoogleMapsAPIsは来店の道しるべになる

subpage01

地図の画像が掲載されているウェブサイトを見かける機会が増えてきたと感じた歳に、一体どうやって自分の会社のウェブサイトやお店の通販サイトに地図画像を掲載するのかを知りたいと感じた方は少なくありません。

Google Maps APIsを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

これはGoogleが提供しているインターフェースのGoogleMapsAPIsを利用すれば簡単に自分の会社やお店の位置を地図で掲載させることが可能となっています。


ウェブサイトの中に地図画像を掲載しておくと、店舗などの場合は、お客さんが来店するための道しるべとして活用してもらうことが出来ますし、GoogleMapsの場合はストリートビューなど便利に使える機能が搭載されているので、店舗に来店する場合にも、そういった機能を利用することが可能です。



GoogleMapsAPIsというと、専門的なプログラミング技術が必要で、使用するためには費用がかかるのではないかという感じている人も多いですが、無料で利用することが可能で、簡単な設定作業を行うだけなため特殊な知識や技術力がなくても利用することが出来ます。



詳しい説明についてはGoogleMapsAPIsを提供するメーカーのウェブサイトで確認することが可能ですが、基本的なことをしっかり理解しておけば専門知識がなくても簡単に地図画像を掲載できるのです。

そしてウェブサイトに地図画像が掲載されていれば、ストリートビュー機能を使って来店する道筋の景色を確認しながら目的地に向かえます。